· 

野口整体の創始者も、フェルデンクライスも、モンテッソーリも、心理学のアドラーも同じことを言ってるのに広まらないこと。『指導方法、練習方法のヒント』

興味がわくからこそ、よく観察できる、よく感じることができる。

興味があるからこそ、思わず全力を出してしまう。

全力をだしてしまうことだからこそ、大変でも快い。

快いから、苦が苦でない。

 

上の言葉は、野口整体の創始者【野口晴哉】の言葉です。

言葉の使い方は違いますが、フェルデンクライスやモンテッソーリ、心理学のアドラー等も同じ見方をしています。

 

『新井白石が少年時代に、夜、勉強をしていて眠くなり、裸になって水を浴びて目をさまして勉強を続けた。(冬の北海道のお話)』という『美談』を野口晴哉は揶揄します。

 

探偵小説ならいくら読んでも眠くならないのに、学校の勉強の本となると、水を浴びないと目が覚めないなんて、そんな話が美談とは、おかしなことだと言っています。

 

誰だって冬の寒い夜に水を浴びるのはイヤです。

それをしなきゃ勉強できないというのは、勉強が面白くないからだ。

あるいは、興味がわくような勉強のさせ方をしていないからだ。

面白くない勉強の仕方、させ方は下手くそだ。

 

指導している身としては少々(いやかなり)、耳が痛いですが・・・。

 

もっと楽に、もっと楽しんで、もっと快適に勉強する方法は必ずあります。

そして、その勉強法こそ、本当の学びです。

 

ピアノは新井白石のしていたような『お勉強』ではありません。

興味、好奇心、好きという気持ちなくして、続けられないし、そのような気持ちがもしないのであれば、レッスンの中身や練習方法を変える必要があると思います。

 

逆に言えば、興味があり、好きなのに、見た目に遊んでいるように見える、あるいは学力や部活が大事などという理由から、親御さんの判断でやめさせてしまうというのは、非常にもったいなく、かわいそうなことです。

ピアノ以外のいろんなことでも同じです。

 

 

好きであること、興味を持つことというのは、「そのもの」でなくてもいいのですよ。

『習っている先生が好き』ということでもいいと思います。

恋愛などでもそうですが、好きな人からは、いろんなことを吸収しますよね!

 

日本においては、苦しいことをやった先に何か得られるということが美化され、楽に獲得したことにはあまり意味がない、というような考え方がどうしても根強いです。

 

興味があり、好きであればなんでも楽です。

 

どうしたら興味をもってくれるのか、楽しんでくれるのか、好きになってくれるのか、日々勉強の毎日です。

さちピアノ教室



レッスン時間

平日 11:00~20:00

休日 10:30~20:00