『まだ』という力

シカゴのある高校では、卒業に一定の単位修得が必要なのですが、試験に合格できない場合、生徒は『未合格』 という 成績を手にするのだそうです。

「不合格」なら 自分は「ダメだ」「もうどうしようもない」 と思います。ですが手にした成績が「未合格」だったら、 自分は学習曲線上にいる とわかります。 未来( “ 未だ ” 来ず )へ続く、この先の道を与えてくれます。

 

とある研究でこんな結果が出ました。

10歳の子供たちに、彼らにとって「大変」すぎる 課題を与えました。その中で、驚く程前向きな反応を示した子達がいました。彼らはこんなことを言ったのです。

「挑戦大好き!」 

「解ることが増えたら良いなって思ったんだよ!」

 

 彼らは 「能力は開発できる」ということが解っていたのです。

 

一方、他の生徒達は

「惨め」

「最悪だ」

という気分を味わいました。

彼らの「停滞した」考え方によって、 自ら “ 失敗 ” の 烙印を押したのです 。

 

『まだ』の力に委ねる代わりに、『今』現在の状態に囚われてしまったのです。

 

その生徒達は次にどんなことをしたでしょう。 停滞型の生徒達は 、

「テストで1回失敗したら、もっと勉強する代わりに 『今度はたぶんカンニングする』 」と話しました。

別の研究では 、一度の失敗の後、自分自身が「よくできた」 と 安心するために、自分たちより「出来が悪かった誰か」を探しました。

そして、いずれの研究でも難しい問題を避けて通りました。

 

科学者達が、生徒達がエラー(間違い)に直面した際の、脳に生じる電気的活動を 測定しました。

停滞型の考え方をする生徒の脳は、殆ど活動しませんでした。エラーから逃げるのです。

 

 

対して成長する考え方(様々な能力は開発されうる)という発想の生徒の脳は、燃え盛るように活動的に動いていました。 『まだ』 を仲間にして成長型の子はじっくり取り組むことができます。 この子達はエラーの処理を しているのです。彼らは間違いから学習し、それを修正します

さて私達はどのように子供を 育てているでしょう。

『まだこれから』よりも 、『今 この時』の為に育てていませんか?

私達は 『コンクールで良い結果をとることに頭がいっぱいな子』 を育てているのでしょうか。

私達は 『テストで100点を並べてくることに頭がいっぱいな子』を育てているのでしょうか。

 

子供の「最も大きなゴール」は 次回の“良い賞”、”良い評価”や 今度のテストの”良い点数”なんでしょうか。

この絶え間ない短期的な承認(賞賛獲得欲求)を、将来の生活まで永遠に抱え続けるのでしょうか。

 

私達に何ができるでしょう。

どうすれば 『まだ』と 結び付けられるのでしょうか。

 

まず、なにより賢く褒める事です。ただし、褒めるのは知能や才能ではありません。

取り組んでいる『プロセス』を褒めるのです。

彼らの努力、やり方、集中力、忍耐力、進歩・・・ この『プロセス』の賞賛が、強くて「しなる」子供を創ります。

 

ある研究調査で 、科学者が子供にこう教えました 。

『何か新しいことや 難しいことを学習しようとして、コンフォートゾーン (脳が慣れ親しんだ現状 )を押しのける度に、脳内のニューロンが新しく強い結合を作れるんだよ。そうすると 段々、 君達の頭がもっと良くなっていくよ』と。

 

何がおきたでしょう。

この研究で、上記のことを教えられなかった生徒達は、勉強が難しくなると、学校の成績が低下し続けました。

ですが事前に、上記の脳のしくみを教えられた生徒達は、勉強が難しくなっても成績が伸びたのです。

 

「努力」や「困難」 に対する捉え方が転換されたが故に、こんなことが起きたのです。以前は、努力や困難課題は 「頭が悪い...」という思いや 「無理だ」という 諦めの気持ちを生むものでした。

でも今や、努力と困難こそ、ニューロンが新たな連結を、そしてより強い結合を生み出している時間であり、彼らが本当の意味で「賢くなっていく時」 なのだということがわかります。

 

困難なように見えるとき、それはチャンスでもあります。

どうか「かわいそうに見えるから、逃げ道を用意してあげてしまう」のではなく、いついかなる時でも、人は『まだ』の状態にあり、プロセスの途上にいること、コンクールでの良い結果、先生からの評価、学校の良い成績が終着点ではないことを伝えてあげてほしいです。

 

困難は、これから先もずーっとあります。

『まだ』『プロセス』を大事にすることで、結果にとらわれない「しなる」に人になってほしい、そして私自身もそのようにありたいと思います。

 

 

※キャロル・ドゥエック:『必ずできる!未来を信じる「脳の力」』より引用させていただきました。

さちピアノ教室



レッスン時間

平日 11:00~20:00

休日 10:30~20:00