緊張について

演奏の本番で、上がったり、過度な緊張をしたりということについて、ご質問をいただくことがあります。私自身が緊張する性質を持っており、これに関してはとても興味がありました。

生徒さんの半数が参加されるピティナステップが、5月29日に控えているのもあり、今回は「緊張」について書いてみたいと思います。

 

英語では、”上がり“や“緊張“をstage flght(ステージ・フライト)と呼びます。

 

舞台の本番とは無縁な方たちであっても、職場でプレゼンテーションをしたり、あるいはママ友との初対面で自己紹介をするとき、役員になって挨拶をしなければならない時などに、緊張してしまったという方たちは多いのではないでしょうか。

 

そして、そのような緊張の際にいったいなにが起きているのかについては、まともに書かれた本はないように思います。だから私は、緊張について、今までずっと悩み続けなければいけませんでした。

 

しかし、近年の科学の発展に伴い、新しい学説が出てきたことによって、そもそもステージ・フライトの際になにが起きているのかということについて、ようやく体系的に説明できるようになってきました。

 

まずは、大きな生理学的な枠組みの中で、自分の中で何が起きているのか理解する必要があります。

 

私たちには自律神経が備わっています。

「交感神経」と「副交感神経」があって、交感神経は「逃げるか戦うか」という状況で優位になり、副交感神経は「リラックスした状態」(消化・吸収・休息・睡眠)で優位になります。

 

緊張している状態というのはこの「交感神経が優位になっている」というのが、よく聞く説明でした。 しかし、この説明に納得いきますか? 私は納得いきませんでした。

演奏したり、プレゼンテーションしたり、ママ友と話したりするときに、交感神経の「逃げるか、戦うか」という状況、起こっているんでしょうか・・・(毎日が戦場?)

 

従来の通説に対して、多重迷走神経理論(ポリ・ヴァーガル理論)が提唱され、注目を集めています。

 

ある状況に接したときに、私たちはまず社会性を担う神経システムである、「腹側迷走神経」が優位になり、対応しようとします。(名前は難しいのであまり考えなくて大丈夫です)

しかし、その状況が社会性を発揮するのにふさわしくないとき(例えば、極端な例になりますが、いきなりナイフを持った人が突進してきたとき)には交感神経が優位になり、状況に対応しようとします。逃げるか、戦うかです。

そして、その状況が社会性を発揮するのも、逃げるか戦うかを行うこともふさわしくない場合には、「背側迷走神経」が優位になり、凍りつきます。

 

凍りつきは、草食動物が捕食動物に捕まったときに起こります。草食動物が草を食んでいるとき、同時に周囲にも注意を払っています。そして、そこに獲物を捕るためにライオンが現れます。それに反応して、草食動物たちはいっせいにばらばらに逃げ始めます。交感神経が極限まで高まって、逃げるのです。

そして、運悪く1匹の草食動物が捕まってしまいます。

そのとき、草食動物には「背側迷走神経」が優位になり、凍りつきが起こります。(死んだふりのように見える状態、ぐったりしていて体温は低く、動きません)

 

凍りつきが起こる利点は、

 

① 「食べようとしたらぐったりしているから、悪い病気でも持っているのかもしれない」とライオンが勘違いをして、立ち去ってくれることがたまに起こること。

 

② ライオンは、食べるときに、とどめをさしません。ほぼ”生き作り”状態で食べられます。その際に、あたかも全身麻酔がかかっている状態になるので、痛みを感じないで済むこと。

 

俗に”死んだふり“と呼ばれますが、正確な表現とは言い難いです。演技をしているわけではありません。

 

従来の学説では、過度な緊張の状態を十分に説明しきれないし、改善のための方向性を示すことができませんでした。しかし、多重迷走神経理論(ポリ・ヴァーガル理論)は、状況を説明できるし、改善のための方向を示すことができるので注目を集めています。

 

具体的な状況に当てはめると

1. 人によっては、本番では体温が下がる

2. 人によっては、指が冷たくなる。

3. 人によっては、息が吐けない(さらに程度が甚だしいと過呼吸になる)。

4. 人によっては、足がふわふわして、地面にくっついていないような違和感がある.

 

緊張状態の中、自分の体の中で何が起こっているのか手がかりをつかみました。ではステージフライトにならないようにするにはどうすればよいか。

 

フェルデンクライスにはその答えがあります。

ただ、すぐに解決できるものではなく、ある程度の時間をかけて学ぶ必要があります。

ですが、ここまで書いておいて、「フェルデンクライスをやってください」では詐欺のようですので、フェルデンクライスを知らなくても、できることを何点か紹介します。

  • 呼吸を感じる(それだけか?と思われるかもしれないけれど全然違います)
  • 周りをゆっくり見渡す
  • 手で膝をさすって、手の平の感覚を感じる(ゆっくり優しく行ってください)
  • 足の裏を感じる
  • 頭の上や、後ろの空間を感じる

ステージフライトをなくし、舞台で良いパフォーマンスをしたい、人前で堂々としゃべりたいなど、緊張と上手に付き合いたいと願う方は、お気軽にお問い合わせください。

フェルデンクライスのレッスンで、ご自身の理想に近づけることができると思います。

 

「まあそんなに固くならないで」とか「気楽に弾けばいいじゃん」とか、「緊張して度胸がないわね」とか、全く意味のない声がけを私は周りからずっと受けてきました。

 

そんなこと言われてもできないよ・・・と考え悩んでいる方の役にたちたいです。

 

参考文献:アレクサンダーテクニーク・かわかみひろひこ先生のブログ

さちピアノ教室



レッスン時間

平日 11:00~20:00

休日 10:30~20:00