大人のレッスン


ピアノ未経験の方、大歓迎です!

「ピアノは全く習ったことないんです」

「楽譜が読めないのですが、大丈夫でしょうか?」

よくあるお問い合わせです。あなたもそんなことを考えていませんか?この時に返す言葉は、

 

「大歓迎です!」

 

大人になってから、まったく経験のないことに挑戦しようとしているあなた。きっと相当なポテンシャルの持ち主ですよね。そんな方が講師2人は大好きです。

 

大人の生徒さんに大切にしていただきたいのは、「やりたい曲を弾く」こと。

 人生には限りがあります。今から時間を割いて興味のない曲に取り組む必要はありません。あなたの好きな、弾いてみたい曲を持って来てください。


ご自身の骨格の理解は、楽にピアノを弾くことにつながります。レッスン室には骨格標本がおいてあり、ときどきレッスンで使っています。本で見るよりも、わかりやすいです。(当たり前ですね)

学生のときに、一人暮らしの家に置いていたピアノをレッスンで使っています。生徒さんががんがん使うので、4か月に1回くらいは調律しています。

バランスボードに乗って、ピアノを弾く感覚を味わうのも、上達への手段の一つになります。

私のこだわりの一つ、椅子・・・。よく見ると傾斜しています。体を上手に使うことのできる椅子です。スペインのイドラウ社製、8万円。ぜひ使ってみてください。


だから楽しんで続けられる!2つのこだわり


その① 心理学を活用した“モチベーションが高まる”レッスン

講師かなざわには、自閉症の息子がいます。生活の中で「困り感」が多い息子を健やかに育てて行くために、心理学を学んできました。

 

みなさんひとりひとりの特徴と個性を見極め、どんな言葉が伝わりやすいか、気持ち良く弾いていただくにはどうすれば良いか、日々学び考えながら接しています。きっとあなたも、自然とピアノを楽しめるようになります。

その② 体の使い方を活用した“今も年を重ねても楽に弾ける”レッスン


講師かなざわは、音楽家の難病と言われる「フォーカルジストニア」という病気にかかり、指が思う通りに動かせなくなりました。

それをきっかけに「ディスポキネシス」「フェルデンクライス」などといった体の使い方を学び、再び好きな曲を弾くことができるように。

 

この学びにより、若くて体力のある学生時代よりも、現在のほうがピアノ演奏技術が向上しているのがわかります。かつ、疲れません。信じられないかもしれませんが、本当のことです。

 

体を正しく動かせば、ピアノを弾くのに力はほとんど必要ありません。体の正しい使い方を身につけておけば、年を重ねても、いつまでもピアノを弾くことができます。

長く楽しいピアノ人生を送っていただくために、体の使い方も丁寧に指導しています。

生徒さんのお声

生徒さんから頂いたお声はこちらからどうぞ。


レッスン風景(館林教室)

モンポウ作曲「うたと踊り」より、「うた」を弾いています。


レッスン風景(行田教室)

高校3年生で初めてピアノを始めた生徒さん。

幼稚園教諭、保育の資格を取るための学校に行くためということでした。

学校を卒業して社会人になり1年、希望通り幼稚園の先生をしている彼女。

まだピアノを続けていたいと言ってくれています。

幼稚園で弾くのに必要だけど、自分だけではちょっとむずかしいからなんとかして〜という場合に利用してくれています。月3回定期的に来てくれるがんばりやさんです。


最初は、お子さんを習わせたいというきっかけでいらっしゃいましたが、お母さんご自身が習うように。

小さい頃レッスンを受けたご経験があります。

2歳と4歳のお子さん二人の育児でお忙しい中、発表会へも当教室の託児サービスを利用し、お子さんを預けて出演されています。

 育児をされていると、ご自身の時間を後回しにされるお母さんが非常に多いですが、こうしてお母さん自身が真剣に何かを学ぶことで、結果的にお子さんに大きな良い影響を与えると思います。


料金はこちら

レッスンの空き状況は、ブログからご覧ください。直近のブログの下部に空き状況を載せています。