うつ状態に

 息子は3歳の時に、発達障がい(自閉症スペクトラム障がい)で知的障がいが併存していると診断されました。「障がいとは何だろう」「周りのみんなはどう思うのだろう」そんなことばかりをずっと考えてしまい、うつ状態に見舞われました。

 

診断が下りてからは、「とにかく息子に良いことを」と探し続けるようになりました。

発達障がいに関する本を読みあさり、ネットで情報を集め、一喜一憂の毎日だったことを思い出します。

自身の難病をきっかけに新たな道が開く

私自身も、原因も治療法も不明の音楽家の脳神経の難病『ジストニア』にかかっていました。

しかし、この病気をきっかけに人脈が広がり、自閉症の知識が深い多方面の先生や研究者の方と出会うことができました。

自閉症で知的障害を持ちながら、類まれなピアニストとなった吉岡はやきくんのご両親とも、そのつながりの中で知り合うことができました。

 

さらに大きな収穫だったのが、『フェルデンクライスメソッド』という身体訓練法のトレーニングを受け始めたことでした。

『ジストニア』は脳の病気です。

症状を改善するためには、『脳を変える』必要があったのです。

そして、ここで学んだ身体訓練法は、息子を助けることにもつながっていきます。