不可能を可能にする

身体訓練法『フェルデンクライスメソッド』とは、『神経可塑性(かそせい)』を利用したメソッドです。「可塑性」には「変化しうる性質」という意味があり、フェルデンクライス氏は「神経可塑性」という言葉に、「不可能を可能にする」という意味も込めています。

何が「歩く」ことを可能にするのか。

例えば、私たちは、生まれてすぐには歩くことができません。周りを見渡したり、手で這ってみたり、足で地面を蹴ってみたり、転がってみたり、はいはいしてみたり、つかまり立ちしてみたり…。多くのプロセスを通ってようやく歩けるようになります。一方、他の動物は、生まれてすぐに立ったり歩いたりしています。

 

人と動物のもっとも大きな違いは、動物が大抵のことについて、生まれたときからできるようにプログラムされているのに対して、人は、最初は何もできず、環境によって、長い期間をかけてそれを学んでいくという点にあります。

これが人の強みであり、弱みでもあります。

つまり、能力は環境に委ねられていて、その状態は固定されておらず、変化させることができるのです。

逆に言えば、環境が適切なものでなければ、歩くことさえできなくなる可能性がある。

それが人間です。

 

 

人にのみ委ねられた「神経可塑性」、これを用いて脳も含めた身体の可能性を広げていこうというのが「フェルデンクライスメソッド」なのです。


脳の可塑性について、こちらの本で読むことができます。フェルデンクライスについての記述もあります。

脳はいかに治癒をもたらすか

 

脳は奇跡を起こす

さちピアノ教室



レッスン時間

平日 11:00~20:00

休日 10:30~20:00