不可能を可能にする

身体訓練法『フェルデンクライスメソッド』とは、『脳の可塑性(かそせい)』を利用したメソッドです。「可塑性」には「変化しうる性質」という意味があり、フェルデンクライス氏は「脳の可塑性」という言葉に、「不可能を可能にする」という意味も込めています。

脳が「歩く」ことを可能にする

例えば、私たちは、生まれてすぐには歩くことができません。周りを見渡したり、手で這ってみたり、足で地面を蹴ってみたり、転がってみたり、はいはいしてみたり、つかまり立ちしてみたり…。多くのプロセスを通ってようやく歩けるようになります。一方、他の動物は、生まれてすぐに立ったり歩いたりしています。

 

人間以外の動物は、最初から「歩く」という脳の回路が備わっていますが、これは、人間にはもともと存在しません。

道のない山に道を作っていくかのように、「歩く」という到達点への道を自分で作り出していくのです。

 

 生まれた時の私たちは「歩く」ことすら不可能でした。それを可能にしてくれているのは脳の働きです。この働きを活用して、身体の可能性を広げていこうというのが「フェルデンクライスメソッド」なのです。


脳の可塑性について、こちらの本で読むことができます。

脳はいかに治癒をもたらすか

 

脳は奇跡を起こす

さちピアノ教室



レッスン時間

平日 11:00~20:00

休日 10:30~20:00