発達障がい・その他の障がいに関すること

夏休みも折り返し地点にきましたね〜。 親御さんはお子さんとの時間が増え、カオス状態の方もいらっしゃると思います。お疲れさまです!夏休みの生徒さんのレッスンや自閉8歳息子の生活の様子などを書きます。

マイクラというゲームが大好きな、講師かなざわの息子8歳(自閉症&知的しょうがい)。体系的に覚えることが好きなため、プログラミング学習は興味を持つのではないかなあとずっと考えていました。そしてようやく今日体験会に行ってきました。

以前から気になっていた身体意識的アプローチでトラウマを治療する「ソマティックエクスペリエシング」Somatic Experiencing®; SE™療法、その資格を持つ方で翻訳家でもある花丘ちぐささんのブログ、障がい者殺傷事件について今まで読んだ中でもっとも納得した内容が書かれていました。

ournal of Attention Disorders誌に 【未診断のADHD症状を有する子どもの心理社会的負担に関する研究】が掲載されました。

小学2年の講師かなざわの息子、期末テストが返ってきました。 普通級のテストです。 満点か、一つ間違いくらいの結果でした。

年末年始に初めてスキーをしましたがかなり滑れるようになりました。 動きの習得は発達にダイレクトに刺激を与えます。

SNSでおもしろい記事を見つけました。 魚の世界にもし人間が住むことになったと仮定すると、発達障がいの人たちがどのように感じているかわかる、というもの。

かなざわの息子(自閉症スペクトラム障害で知的障害あり)が、11月の発表会に出演予定です。練習風景と練習方法について書きます。

講師かなざわの息子が自閉症であったことがきっかけで、当教室は障がいのあるお子さんのレッスンにも力をいれています。

さらに表示する